Books

A-QOAの西田征治、小川真寛、白井はる奈 & 内山由美子

クリエイツかもがわより出版!

​作業療法士がすすめる

認知症ケアガイド

行動心理症状の理解と対応&活動の用い方

ローラ・N・ギトリン、キャサリン・ヴェリエ・ピアソル/著
西田征治・小川真寛・白井はる奈・内山由美子/訳

B5判・136ページ 本体1800円+税

認知症のある人と介護者のベストサポートを見つけよう!

認知症のある人や直接介護する家族、介護士だけでなく、作業療法士、理学療法士、看護師など専門職に役立つ、幅広い内容の対応方法を集めたガイドブック。

認知症がどの進行程度であっても、よりよく生きることを促進するために、コミュニケーションをとる、アクティビティを使用する、日々の活動を簡略化する、環境を調整する……研究や実践からわかった知識や技能をふんだんに盛り込む。

Part1 行動症状への対応の基本的な考え方

  • 行動症状/行動症状を引き起こすよくあるきっかけ/どのように行動に対応したらよいのでしょうか?/ 専門家の援助を探すとき など

Part2 日常のケアでの活動の使用

  • なぜ活動が重要なのでしょうか?/活動の利点は何でしょうか?/どのように活動を日々のケアに活用したらよいのでしょうか?/検討すべき手がかりや促しのタイプ/活動の紹介 など

Part3 効果的なコミュニケーション

  • コミュニケーションがカギとなる/言葉を用いないコミュニケーション/どんな活動を行うときも次の手がかりを用いてみましょう など

Part4 安全な住環境づくり

  • 安全な住環境/一般的な安全に関する考慮事項

Part5 認知症のある人の健康支援

  • 健康状態を管理すること/薬について/脱水について/便秘と排便の管理について/失禁の管理について など

Part6 介護者の健康管理

  • ストレスとは何でしょうか?

Part7 行動心理症状の理解と対応

  • 不穏/繰り返しの質問/不適切な金切り声、大声や不快な音/継続する訴えや不平/徘徊/落ち着きがなく動き続ける行動/探したり、ためこむ行動/ケアの拒否や抵抗/失禁/自身を傷つける行為/器物破損/性的不適切行為/睡眠障害 など

Part8 ワークシート

© 2020 by Ogawa Masahiro, Shirai Haruna, Nishida Seiji

本サイトは「京都大学 GAPファンドプログラム(2019-2020)」を助成を受けて作成・運営されています。