AqoaProはA-QOAのデータを分析するために本評価用に独自開発されたPCのアプリケーションです。AqoaProを用いることで、順序変数で得られた結果をprobit値という連続変数に変換することできます。この値を用いることで以下の効果が得られます。

  • probit値により、2つの活動の違いの差がどの程度か、支援方法の違いにより活動にどの程度違いが生じたか、等を定量的に分析することが可能になります。結果として、根拠のある活動や支援方法の検討の効果検討に用いることができ、エビデンスに基づいた支援ができ、支援の質の向上が得られます

  • probit値は平均を2.5、標準偏差を1.0としており、データが正規分布するように補正されています。99%以上の評価結果が0.0~5.0に入るように結果が得られます。つまり、それらのスコアから、観察された活動の質がどの程度良いのか、悪いのかというのが明確な基準をもって判断できます

データ入力画面

データ出力画面

slide1.JPG
slide2.JPG
aqoapro.jpg

AqoaProの使用条件

 AqoaProを使用していただくためにはA-QOAの認定評価を受ける必要があります。以下が認定評価される手順です。

  1. QOA研究会が主催するA-QOA講習会を受講する。

  2. 受講後、3か月以内に評価者として適切な評価ができているかどうかを検証するために10名の対象者に対して2場面ずつの計20場面をA-QOAで評価していただきます。その20場面の評価結果を提出していただきます。(※提出に際し、所属施設と対象者の許可を得て頂く必要があります)

  3. 提出いただいたデータがA-QOAの評価として妥当であると判断された場合、A-QOAの認定評価者として認定し、AqoaProが使用できるライセンスキーを付与します。

 
 
aqoapro.jpg

AqoaProのシステム条件

〈Windows〉
OS:

  • Windows 8 Pro 64 bit

  • Windows 10 Pro 64 bit

CPU / メモリ:

  • OS の推奨システム環境に準じます。

ハードディスク容量

  • 2GB 以上の空き容量

〈Mac〉
OS:

  • macOS Catalina 10.15.6 以降

CPU / メモリ:

  • OS の推奨システム環境に準じます。

ハードディスク容量

  • 2GB 以上の空き容量

© 2020 by Ogawa Masahiro, Shirai Haruna, Nishida Seiji

本サイトは「京都大学 GAPファンドプログラム(2019-2020)」を助成を受けて作成・運営されています。