小川真寛 Masahiro Ogawa

神戸学院大学総合リハビリテーション学部 准教授

2011年 広島大学大学院保健学研究科修了,博士(保健学)。作業療法士免許取得後、大学病院、回復期リハ病棟、デイケア、デイサービスや老健等で勤務。2014年より京都大学入職、2017年より京都大学医学部附属病院兼務、現在に至る。

 

主要著書

  • 作業療法士がすすめる認知症ケアガイド-行動心理症状の理解と対応&活動の用い方-(共訳. クリエイツかもがわ,2020.原題『A CAREGIVER'S GUIDE TO DEMENTIA: Using Activities and Other Strategies to Prevent, Reduce and Manage Behavioral Symptoms 』)

  • 認知症をもつ人への作業療法アプローチ 第2版(メジカルビュー社,2019)

  • プール活動レベル(PAL) 認知症を持つ人の活動評価から個別支援まで(医歯薬出版,2017)

白井はる奈 Haruna Shirai

佛教大学保健医療技術学部 准教授

2011年 広島大学大学院保健学研究科修了,博士(保健学)。作業療法士免許取得後,大阪府済生会中津病院,広島大学大学院保健学研究科助手,京都大学医学部附属病院デイ・ケア診療部,京都大学大学院医学研究科助教,佛教大学講師を経て,現在に至る。

 

主要著書

  • 作業療法士がすすめる認知症ケアガイド-行動心理症状の理解と対応&活動の用い方-(共訳. クリエイツかもがわ,2020.原題『A CAREGIVER'S GUIDE TO DEMENTIA: Using Activities and Other Strategies to Prevent, Reduce and Manage Behavioral Symptoms 』

  • 認知症へのアプローチ ウェルビーイングを高める作業療法的視点(共訳.エルゼビア・ジャパン,2007.原題『Wellbeing in Dementia.An Occupational Approach for Therapists and Carers』)

  • 認知症をもつ人への作業療法アプローチ 第2版(共著.メジカルビュー社,2019)

  • 認知症の作業療法 第2版 ソーシャルインクルージョンをめざして(共著.医歯薬出版,2016)

西田征治 Seiji Nishida

県立広島大学保健福祉学部 教授

2011年 広島大学大学院保健学研究科修了,博士(保健学)。作業療法士免許取得後,九州労災病院,柳川リハビリテーション学院,広島県立保健福祉大学を経て,現在に至る。

 

主要著書

  • 作業療法士がすすめる認知症ケアガイド-行動心理症状の理解と対応&活動の用い方-(共訳. クリエイツかもがわ,2020.原題『A CAREGIVER'S GUIDE TO DEMENTIA: Using Activities and Other Strategies to Prevent, Reduce and Manage Behavioral Symptoms 』)

  • 認知症をもつ人への作業療法アプローチ 第2版(編集,メジカルビュー社,2019)

  • 作業療法ガイドライン―認知症(共著,日本作業療法士協会,2019)

  • 作業療法の話をしよう―作業の力に気づくための歴史・理論・実践(共著 医学書院,2019)

© 2020 by Ogawa Masahiro, Shirai Haruna, Nishida Seiji

本サイトは「京都大学 GAPファンドプログラム(2019-2020)」を助成を受けて作成・運営されています。